strawberry jam




mama/sugami
原色の人
石巻明友館
チャリティcd売り上げ寄付先 石巻明友館のhp 石巻明友館のhp

現在の東北寄付金額 98000円 熊本市役所へ寄付金額 26500円
MOBILE
qrcode
PR
次回ライブのお知らせ

こんにちわ!皆さんお元気ですか?

私は変わらず毎日演奏仕事楽しく演らせて頂いてます。

こんな時期だからか、音楽が必要とされてるな〜

と 実感できていつも以上に張り切っております。

80年代や90年代初期の曲を歌ってると

当時は思いませんでしたが名曲が多いな〜

と 再認識します。が、同時に

ドラムのスネアの音にも改めてびっくらこいてます(笑)

流行りだったのかフォワ〜〜んとしたシンセサイザーの音から

ドラムや歌が突然入ってくるというイントロのスタイルが多くて

面白いです。

janet jacksonのcome back to me とか

すっかり忘れてたのですが やはりいい曲だな〜って思います。

 

次回ライブは奈良でのduoライブです。

元気な方は是非遊びに来て下さいね!

 

| LIVE Schedule | 14:38 | - | - | pookmark |
冬がおわる、recording話

皆さんこんにちわ!

うがいは最初から上向かず、口を数回濯いでから上を向いてうがいした方が

良いと教えられたsugamiです。

 

前回映像アップした冬が終わる、この曲を録音したのは4年ほど前

ドラム井戸本勝裕、ベース中島かつき、piano sasapong

vibraphone 戸高一生、sugami with lagoonのメンバープラス、

ギター清野拓巳さんをゲストに迎え 一発録音しました。

3takeとって、2テイク目を採用したのを覚えてます。

写真があんまりなかった〜〜

ブースの中にvibraphone戸高さん。

 

ドラム井戸本氏。

 

bass 中島氏、guitar清野さん。

 

piano sasapong、アルケミースタジオエンジニア北畑さん、

福岡さんも一緒。

 

最近の音楽は間奏のソロなどどいうものはほぼないと 思うのだけど(笑)

私の曲の場合、間奏の物語は歌詞よりも大事な時がある。

私の歌詞には続きがあって、その続きをメンバーみんなが 奏でてくれる。

しかも無駄なものは何もない。 なんて贅沢な事だろう。

この曲は特にそれを感じて、曲が進んでいくにつれ

本当に自分が変われる気になってくる。

みんなにも届けばいいな〜〜〜

 

sugami/冬がおわる(fuyugaowaru)

 

iTunes sugami

Spotify sugami

amazon sugami

 

 

| Recording | 16:49 | - | - | pookmark |
冬がおわるpv作ったよ!

皆さんお元気ですか?

この冬はずっとこの編集作業でしたが、 やっと終えました!

youtubeにアップしました。

 

sugami/冬がおわる(fuyugaowaru)

 

この冬がおわる(from album 夢の国)のpvを最初に考えた時

とにかくこの曲を作った場所を撮りたい!!

と思いました。

雲になって(from cd 夢の国)

は台湾か香港と決めてたように、

この曲は絶対作った場所以外思いつかなかった。

特にスペシャルな場所でもないのですが、

私の冬の日常の景色です。

誰もが一人で、誰かを思ってる、

子供からお年寄りまで、

気を衒う事なく、只日常を生きてる。

消えてしまいたい自分と、

消すことのできない美しい景色は、

相反しそれでも共存する矛盾を

追い払うかのようにただ走るのです。

 

必ず冬は終わるのです。

皆さんに届けば嬉しいです。

是非上の画像をチェックしてください。

曲の事、参加ミュージシャンの事など

沢山思い入れもあるので、

この話は次回きちんとブログに書きますね!

愛を込めて sugami

 

 

 

 

 

 

 

 

| Recording | 16:05 | - | - | pookmark |
一ヶ月以上続いた

皆さんお元気ですか?

スカーレットにすっかりハマってるsugamiです。

一ヶ月以上続いてた、胸の動機と息切れ、最初は運動不足かな〜

程度に思ってたのですが、どんどん胸が痛い、

苦しい〜〜心臓止まってまうかも〜〜やばい!!

まで なってしまったので病院行って検査してきました。

結果から言うとストレスによるもので、肺も不整脈もありませんでした。

びっくり!ストレスでこんなに心臓が痛くなるのかとびっくりですが、

それよりもびっくりはストレスは特にない、と答えてた自分でした(笑)

お医者さんは疑い何度も近況を聞いてくるくらいで、

それをストレスと言うのですよ!と最後に言われました。

よく考えると歌の仕事は毎日してて、息が吸いにくい、痛い

 とかあったけど、歌えてたのはそういうことかと 納得しました。

 

そういえば若い頃からパニック症などにも何度もなり、

原因がよく分からなかったのですが、

 原因を直視しないんだという自分の思考が改めてわかりました。

大体何かがあった時、私の思考回路はこうです。

こういう事は誰にでも起きる事だ。

もっと辛いしんどい人はいてるはずだ。

弱みを見せずとにかく頑張って乗り越えよう

この3セットなのに、体は人より弱い。

なるほど、先に体が悲鳴上げて教えてくれるのだ。

 

結果別の薬を頂いて少しづつ良くなってます。

何より体が何もなかったので、ジムにいって体も動かせる〜〜

という喜び、こんな事ならもっとはやく病院に行っとけば 良かった。

今回色々迷いましたが、同じような人がいるかもしれない

 と思って話すことにしました。

自分が楽になるためにも病院行って結果を早く知ることが

より不安を増さないためにも いいのかなと思います。

必ず冬は終わるのです。

今から映像編集又頑張ります。

 

 

 

| ある一日 | 15:07 | - | - | pookmark |
ライブキャンセル変更のお知らせ

scheduleの方にアップしてた2月のライブ、

3月のライブがこちらの手違いによりキャンセルになりました。

2月の分はお店のほうに予約が入ってたよようで、

本当に申し訳ございません。

この場を借りてお詫び申し上げます。

4月以降にベース泉さん、キーボードyusuke君との

トリオライブはお届けするつもりです。

又決まり次第アップしますね。

3月のpercussion村上氏とのduoライブは4月5日(日)

に変更になりました。

こちらはスケジュールの方に アップしましたので、

是非チェックしてくださいね!

色々ご迷惑をおかけしました皆さん、申し訳ないです。

ライブのみならず色々対応してくれた皆さん、

本当にありがとうございます。

これからもどうぞsugamiをよろしくお願いします!

with love ,sugami

| ある一日 | 14:06 | - | - | pookmark |
新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年もゆっくりと愛とはなんぞやと(笑)問いかけながら

スローペースで邁進して参りたいと思ってます。

皆様にとって素晴らしい年になりますよう願ってます。

暖冬ですが、私は寒い〜〜寒い〜〜、と

叫びながら過ごす冬の方が好きです。

不思議ですが寒い方が何だか暖かな記憶が蘇ります。

2年前福島県で撮影したお気に入りの曲snowflakeをお届けします。

画面をクリックしてね!

又雪を見たいな〜

 

snowflake 

 

| ある一日 | 16:29 | - | - | pookmark |
一年間どうもありがとうございました!

sugamiを愛してくれた皆さま、いつも応援してくれる皆さん、

本当にありがとうございました!

 

今年は今迄で一番沢山の事がありました。

心も体もどうしようにもできないことも、

これからも経験という言葉で片付けられていくのだと思うと

しんどくなることもありますが、

それでも小さな希望を見つけてしまう生き物としての性、

を一番実感した年でもありました。

香港で撮影した、雲になって をお届けします!!

 

 

雲になって

 

来年もどうぞよろしくお願いします!

sugami

| ある一日 | 23:24 | - | - | pookmark |
12/24 A Hundred Birds Orchestra “Play Salsoul” @なんばハッチ 大阪

今年もsugami ボーカルとして出演します〜。

前売り希望の方はsnsなどのメール、又はhpのcontactから連絡ください〜

体の不自由な方は2階席ご用意できます。

よろしくお願いします!

 

 A Hundred Birds Orchestra × Salsoul Records!!

今でも世界中で愛される1970年代黄金期のNYディスコ・サウンドのトップレーベル

“Salsoul Records” の音源のみを演奏するエクスクルーシブ・セット!

 2019.12.24 (火) @なんばハッチ

“Play Salsoul” - Dance Music Meets Orchestral Unit On Christmas 2019 -

 

出演: A Hundred Birds Orchestra Featuring Vocalists:

 TeN  Sugami  Stella  Sweep  MC GEBO

Guest Vocalists:  Natasha Watts (from UK)  JAY’ED Guest

Percussionist: 大儀見元 Guest Pianist: 中島徹 Guest Dancer:  

ダーリン SAEKO  Aya Ifakemi Yem  TAA  

D.D factory Guest DJ: DJ KOCO a.k.a. Shimokita

 (Exclusive Salsoul 45’s Set!) VJ: Colo∴COSMIC LAB

 

開場:19:00 ライブスタート:20:00 閉演:22:00

前売り 5,000円 ※入場時1ドリンク代別途

 

<プレイガイド> ・e+ イープラス ・チケットぴあ (P:165-754) ・ローソンチケット (L:55678)

<前売り取扱店> newtone records [心斎橋] Root Down Records

[心斎橋] RECORD SHOP rare groove [心斎橋] Cafe ABSINTHE [心斎橋]

Lumps. [中崎町] 九条トリコ [九条] spice curry MARUSE [中津]

讃岐うどん 今雪 [上山町] KEMURI [天満] ヌードルヤ MEーCHAーKUーCHA

[新町] CLOCKWORK ROASTERS [阿波座] 九条トリコ [九条] BAR B-TRIP [東心斎橋]

Bar 天空喫茶 [千日前] Edenico Daikoku Experiment [大国町] みなとピッツァ工房

[弁天町] Bar ADO [寝屋川] Donuts Dept [箕面] Hachi -Record Shop & Bar- [京都 河原町五条]

 

Stage Direction: OGAWA JUNZO CREATES INC. 後援:FM COCOLO

企画制作: A Hundred Birds Production

会場:なんばハッチ 大阪市浪速区湊町1−3−1 Tel. 06-4397-0572

 

問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569 / www.smash-jpn.com

A Hundred Birds Production – www.ahbproduction.com

 

 – A Hundred Birds Orchestra Members 2019 -

 Drums: Katsuhiro Idomoto, Takashi Numazawa

Percussions: Takanori Murakami, Isao Wasano, RED B, Taroo

Basses: Mitsutoshi Kadoya, Katsuki Nakajima Guitar: Shigeki Tamura,

Tomonobu Kaneko Piano: Chizuru Ohmae Keyboards: Kaztake Takeuchi, Emi Goto

Vibraphone: Kazumi Totaka Turntable: DJ NAO-K

[Strings] 1st Violin: Kazuhiro Takagi, Takako Otake, Seina Matsuoka, Eiko Tsuji

2nd Violin: Sukeyuki Iwatani, Aoi Furukawa, Shumpei Kitao

Viola: Nanako Okamoto, Yuko Tanaka Cello: Wataru Mukai, Sari Nakajima

[Horns] Trombone: Tommy, Keiko Tamura Sax: Makoto Douchi

Trumpet: Masatoshi Takata, Shojiro Yokoo Flute: Minori Kimura

Chorus: Naoko Akashi, Kei Ohshima, Satoko Okuda, Takayoshi Fukuhara

Vocals: TeN, Sugami, Stella, Sweep & MC GEBO

Conductor: Yoku

| LIVE Schedule | 14:49 | - | - | pookmark |
ソロ弾き語りライブ終了!

和歌山jalan jalanにお越しいただいた皆様、

本当にありがとうございました。

全編オリジナルのピアノ弾き語り、

今年最後のライブは沢山の方に来ていただき、

何とも言えないスペシャルな日になりました。

 

日がまだ完全に沈む前、

リハーサルはこんな感じでした。

音響 北畑さんのお陰でとてもやりやすく、

一つの世界観が作られた気がしてます。

15年ぶりくらいにpapaという曲を歌いました。

今の年齢で歌った方が断然いいなと(笑)

思いました。録音し直したいな〜〜(笑)

 

jalan jalanのマスター、たけちゃん、北畑さんありがとう!

本当にいい場所だな〜って思います。

いい環境を作ってくれていつもありがとう!

そして何より来くれたお客様、cdを購入してくれた皆様、

本当にありがとうございました!

今ある時間を大切に生きていく事、

簡単なようで難しいことです。

皆さんとも時間を又共有出来る事楽しみにしてます。

次回はバンドsugami with lagoonでやりたいな〜〜

楽しみに待っててくださいね!

必ず実現させまする。

 

セットリスト

1おもさ

2サインする

3こっちにおいで(新曲)

4papa

5雲になって

6ジグソーパズル

7誰かが誰かを

8恋人

9君と僕

10夢の国

11冬が終わる

12無題(新曲)

| LIVE Report | 13:38 | - | - | pookmark |
影響を受けた女性アーティスト1

皆さんお元気ですか?

私は相変わらず色んな事で引き籠ってます.。 

本当に色んな事が映画や小説の中だけでなく

自分にもきちんと起きるんだな〜〜と噛み締めながら

やってきた冬の足音に耳を澄ましています。

ブログも更新していかないと(笑)と思い、

これからはprinceさん以外あまり口にしてこなかった

好きな音やアーティストについて書いていこうと思います。

今日は影響を受けた女性アーティスト1ですが、

第一弾は Wendy&Lisa さんです。

 

元々princeのバンドにいた(キーボードとギターの二人)ので

そこからチェックしてcdを購入したのですが、

すっかりハマってしまいました。

当時はprince familyの人は全部チェックするくらい興味があって、

その中でもJill jonesさんはテープ擦り切れる位聞いてました。

wendy&lisaさんは1987年の一番右のアルバムが初体験でしたが、

最初聞いたとき、prince殿下の匂いはあるものの、

どこか中性的で終わりのないこのふわふわした感じって何〜〜〜!

って中毒症状から抜けれなくなったのでした。

1曲目のhonnymoon express,バラードのsong about、

そしてイントロとエンディングのカッコ良さと

繰り返されるメロディーがたまらない

10曲目のeverthing but youがオススメです。

2枚目のfruit at the bottomはよりfunkの色が強いのですが、

1曲目のlolly lollyや6別椶satisfaction,タイトル曲のfruits at the bottom

など好きでした。

3枚目のeroicaはより大人な感じになってて全曲めちゃ聞いてました。

この中にskelton keyという曲があって一度アマチュアバンドの時に

トライしたのですが、全然こんなふうにカッコよくナラ〜〜ん〜〜

ってなって諦めた記憶が(笑)

 

sugamiの曲もよく着地点がわからないとか言われるのは、

彼女たちの影響が大きいのかな〜〜って思います。

どこかぐるぐる同じ場所を漂ってるようで、

安心感と不安感を混ぜ混ぜに空に上っていく様な感覚、

それが最初に感じた感覚でした。

尊敬してます。

ではまた次回!

sugami Spotify

sugami iTunes

 

 

 

 

 

 

 

| ある一日 | 19:05 | - | - | pookmark |
<< | 2/55PAGES | >>