strawberry jam




mama/sugami
原色の人
石巻明友館
チャリティcd売り上げ寄付先 石巻明友館のhp 石巻明友館のhp

現在の東北寄付金額 98000円 熊本市役所へ寄付金額 26500円
MOBILE
qrcode
PR
<< ライブ映像、musicアップ! | main | 音楽配信サービスup! >>
夢の国i tunes 配信スタート!

最新作アルバム夢の国がi tune 配信されました。

視聴も出来ますので、

是非チェックしてね!

宜しくお願いします!

夢の国i tunes

 

コメント(順不同)

Sugamiさんの歌声は、 最高に柔らかい泉質の温泉のようです。 あぁ、いつまでもつかっていたい。

 チチ松村(GONTITI/ミュージシャン)

 

冬の寂しさと、その先に見える暖かい希望の光。

湧き上がる感情を美しい日本語(時に英語)で

言葉にして、 細かな息遣いを感じさせる

生楽器の音色とともに 丁寧に編み上げた 

Words & Sounds。

ソウルやジャズがベースにあり、

ふとローラ・ニーロの 『New York Tendaberry』

を思い出す瞬間もあるけど、

本当にSugamiさんとしか言いようがない

ワン&オンリーの世界に

今回も浸らせてもらいました。

“アルバム”という芸術の尊さに気づかせて

くれるような作品集だと思います。

林 剛 (音楽ジャーナリスト)

 

繊細でありながら生命力のある音楽。

曲も演奏も高度なことをやっているのに

これみよがしにならず、

あくまでバンドスタイルが 目に浮かぶ

ところが良かったです。

「冬が終る」や「サインする」の感じは

僕にとっては Hatfield & The Northのような

好ましい ジャズ/ロック/SSWの融合感

ピアノやローズがいいなあ。

worldのビートも生演奏曲とのバランス良し。

丁寧に作った浮遊感は

ちゃんと 聴く人に伝わるものがあります。

  

エマーソン北村 (キーボーディスト)

 

バラエティにとんだサウンド、

そしてなによりスケールの大きなSugamiの歌に

誘われながら、様々な景色が浮かぶ。

旅をしているよう。

まさに、夢の国。

大きな野外でライブもみてみたくなりました!

井出靖(Grand Gallery/producer &DJ)

| Recording | 15:36 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:36 | - | - | pookmark |